fxzen初心者の基本

テクニカル分析の活用法

移動平均線の見方と活用法

それでは、ここからは主要なテクニカル分析について紹介していきたいと思います。 まずは、最も代表的な分析手法である「移動平均線」です。移動平均線とは、一定期間の為替レートの終値の平均を取り、その変化を線でグラフ化したラインです。一般に平均をとる期間を短期、中期、長期がで分類し、その日々の為替レートや、期間の異なる移動平均線との位置関係で、為替レートの上下トレンドを見たり、売買のタイミングを検討する際に使用されます。 移動平均の期間は、投資家自身のスタンス或いはその通貨のトレンドが出やすい期間を設定するのが望ましいですが、主に短期線:5日、中期線:25日、長期線:75日などで設定されることが多いようです。尚、超短期線として3日、長期線に関しては100日といった形で利用されるこがしばしばあります。 この移動平均線を活用した売買タイミングの見極めポイントとして、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」というものがあります。ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中・長期の移動平均線の下から上に突き抜ける際に、クロスしたポイントを示すもので、これが買いのタイミングとされています。 逆にデッドクロスとは、その反対の意味であり、短期の移動平均線が中・長期の移動平均線の上から下に突き抜ける際に、クロスしたポイントを示しています。つまり、売りのタイミングを示しているというわけです。 これらは、最も基本的な移動平均線の見方・活用の仕方になりますので、必ず見に付けておきましょう。

MACDの見方と活用法

続いて、移動平均線とセット扱われる人気テクニカル分析手法「MACD(マックディー)」について紹介したいと思います。 MACDとは、「Moving Average Convergence and Divergence」の略称であり、移動平均収束発散法と呼ばれる考え方を基本としています。具体的には、例えば移動平均線の内、短期線と中期線を5日と25日の期間で計算するとしましょう。その際、5日分及び25日分の最終値を1日分余計足し、5日及び25日分で除算します。これにより得られる数値は、最終値を重み付けした移動平均線となり、翌日以降、上下どちらへと向かうのか示す指標となるのです。 この指標の活用方法は、基本的に移動平均線での活用方法と同じで、短期のMACDが中期のMACD(スローMACD)を下から上に突き抜けた瞬間がゴールデンクロスとなり、これが買いのタイミングとなります。逆に短期のMACDがスローMACDを上から下に突き抜けた瞬間がデッドクロスとなり、売りのタイミングとなります。 MACDは、移動平均とは全く異なる分析手法及び指標という見方をされがちですが、計算方法の側面から見ると、移動平均の算出ロジックに極めて近いため、移動平均線と併せてみることによって、短期・中期的なトレンド把握や見極めの精度が向上する、非常に有益な分析手法なのです。是非、移動平均と併せて活用することをオススメいたします

Site Contents

What's

近年話題のFX投資。さて、これからFXを始めてみようかな?と思っていらっしゃる方、そして始めたばかりの方のために、FX初心者のための攻略法をご紹介していきたいと思います


P fxzen初心者の基本
2style.net